弁護士費用(法人の方)

当法律事務所では、適正かつ公正な内容の報酬規程を設け、お支払いいただく弁護士費用を明確にしております。
また、ご要請があれば弁護士費用の見積もりを致しますので、当法律事務所までご連絡くださるようお願いします。

(1)法律相談・法令等調査
原則として、時間報酬をお支払いいただいております。
企業の規模により、30分あたり5,000円~10,000円(税抜)の範囲内で、協議のうえ決定します。
なお、初回相談は最初の30分を無料とします。
当事務所では、責任を持ったアドバイスを行うため、30分以内で相談を終わらせてほしいとのご要望にはあいにく応じられませんので、その旨ご了解のほどお願いします。

(2)就業規則の作成、雇用契約書など各種契約書の作成
原則として、時間報酬をお支払いいただいております。
企業の規模により、30分あたり5,000円~10,000円(税抜)の範囲内で、協議のうえ決定します。
なお、初回相談は最初の30分を無料とします。

(3)示談交渉又は団体交渉の代理
原則として、時間報酬をお支払いいただいております。
企業の規模により、30分あたり5,000円~10,000円(税抜)の範囲内で、協議のうえ決定します。
なお、初回相談は最初の30分を無料とします。

(4)労働審判事件の代理
原則60万円(着手金及び報酬の総額、税抜)
なお、企業規模や事案の内容、案件処理に要する時間など、個別の事情に応じて増額・減額することがあります。

(5)訴訟事件の代理
着手金及び報酬金は、原則として下記の算定基準により算定した金額を参考に、個別に見積もりを致します。

案件処理により確保した経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え、3000万円以下の場合 5%+9万円 10%+18万円
3000万円を超え、3億円以下の場合 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円


※着手金・報酬金については、上記金額の他に別途消費税をお支払いいただきます。

 

労働問題解決のため、お早めに弁護士にご相談ください

野中法律事務所では、労働者側及び使用者側の労働問題に豊富な経験を有する15年目の弁護士がお客様のご相談ひとつひとつに丁寧に対応します。
土日祝日や夜間の法律相談にも対応いたします
初回相談は30分無料です。一日も早い解決のために、お早めにご相談ください。

労働問題弁護士相談

労働問題を弁護士に相談サイド

このページの先頭へ